定期的なイベントを北九州市の歴史的建造物「門司赤煉瓦プレイス」周辺で開催しています

開運アドバイス[算命学・タロット・霊気](ケイズオラシオン 中野圭子)

2019年「大人の夏至祭」で「門司麦酒煉瓦館」1Fに出展される「開運アドバイス[算命学・タロット・霊気](ケイズオラシオン 中野圭子)」のご紹介をします。

※「スタンプラリー」参加ブースです。

 

出展情報

  • 【出展者】ケイズオラシオン 中野圭子
  • 【内容】開運アドバイス[算命学・タロット・霊気]
  • 【場所】「門司麦酒煉瓦館」1F展示室
  • 【出展日時】2019年6月22日(土)

出展内容

あなたの「これからの運勢」「ラッキーを引き寄せるコツ」「あなただけの風景」をお知らせします。


所要時間・料金

  • 30分 / 3,000円
  • 60分 / 5,000円

※「あなただけの風景」は、以前取材した時に実際に描いていただいています。参考記事として以前の取材情報をご紹介します。
【参考】【取材】K’s Oracion(ケイズ オラシオン) の中野圭子さんにお話を伺いました

 

インタビュー

K’s Oracion(ケイズ オラシオン) の中野圭子さんに、突撃インタビューをしてみました。
今回は、タロットについて質問してみました。

 

 

後藤「タロット鑑定をするときに大切にしていることは何ですか?」

 
 

圭子さん「タロットを使うとき、お客様はご自身のお悩みや迷いに対して、『こんな風になったらいいな』と、少なからず思いを持っていらっしゃいます。その未来を引き寄せるということを心がけています。 」

 
 

後藤「未来から観るということですか?」

 
 

圭子さん「そうですね。未来は自分で創ることができるものです。その未来が実現することを、目で見て確信していただくために タロットに頑張ってもらっています。」

 
 

後藤「数あるタロットの中からウェイト版を選ばれているのは何故ですか?」

 
 

圭子さん 「色や絵柄に最もエネルギーが宿っているということを聞いています。そのエネルギーを、お客様にも受け取っていただきたいですね。 また、タロットは怖いとよく言われていますが、実はそんなことはなくて。 『タロットカードは愛を語るためにあるんだ』 というメッセージが、大アルカナの中に示されています。 私は、タロットは愛を語るツールであると思って 鑑定しています。 」

 
 

後藤「だからおけいさんの鑑定は、元気になれるのですね」

 
 

圭子さん「元気になっていただくのが、私たちの仕事だと思っています。とはいっても、 ただいい、大丈夫と言うだけで力になりませんよね。創った未来にちゃんと向かうためのアドバイスもお伝えするようにしています」

 

取材:後藤晏佳里

 

メッセージ

開運アドバイス・ ケイズ オラシオン 中野圭子です。

 

この仕事を始めた頃は、職場や家庭の中で起きる色々な問題、悩み事、人間関係などを吐き出す場所としてこのお店を作りました。

 

その「生の声」に対して、占いという世界から、ちょっと違ったものの見方や新たな見通しを持っていただこうと思っていました。

その考え方は 今も変わりませんが、徐々に 今現在よりも、明日を自由に活き活きと生きるための方法を皆さまに知っていただいたり、習得していただきたいというところが大きくなってきました。

 

そこで 「開運アドバイス」という言葉を、この夏至祭で初めて使ってみることにしました。 皆さま どうぞよろしくお願いします。

 

7月22日は「ケイズオラシオン」5周年となります。
イベント・オラシオン祭は、7月20日から予定しています。
どうぞよろしくお願いします。

 

ブログ・SNS

ケイズオラシオン 中野圭子さんのブログとFacebookページをご紹介します。

 

SNSでフォローする